AGA治療を受けるなら専門の病院|頭皮トラブルを解決!

専門医院で薄毛治療

困っている男性

薄毛が気になったらすぐに

薄毛に悩んでいるのなら、病院で治療をすることができます。最近ではAGA(男性型脱毛症)の治療ができる専門病院が多くできていますので、治療をすると薄毛を改善させることができます。薄毛に悩んでいてもAGAが原因かどうかは分からないです。AGAが原因であると市販の育毛剤では改善しない場合がありますので、きちんと薄毛の原因を調べてもらったうえで適切な治療をしないと薄毛がさらに進行してしまうおそれがあります。そのためまずは病院に行く必要があります。また薄毛がだいぶ進行してしまってからでも、時間はかかるものの治療により改善できる場合があります。とはいえ、早い段階であれば時間も短縮でき、効果も得やすいので、早めの受診が大切です。

6ヵ月は治療を続けること

病院で薄毛の治療をしたからといって、すぐにAGAによる薄毛が改善させることができるわけではないです。抜け毛の兆候は、早い人で1ヵ月程度で収まる人もいますが、薄毛が止まったからといって治療を止めてしまうとまた抜け毛が増えてきてしまいます。それは、髪の毛にはヘアサイクルがあります。これまでは、AGAが原因によって成長サイクルが短縮してしまっているので、発毛してから抜け落ちるまでの期間が短くなっていたのです。それを薬によって正常なサイクルに戻す治療を行っていますので、すぐに治るというものでもないのです。最低でも6ヶ月間は継続して治療を続けることです。その後は医師と相談をしてから継続治療をするか決めていきます。

抜け毛を減らすには

悩んでいる男性

頭頂部や前頭部の髪が薄くなってきたら、ヘアケアを見直すことが大切です。シャンプーを変えたり育毛剤を使ったりすることで、改善できる場合もあります。また、AGA治療をしている病院を利用すればもっと短期間で薄毛を治せます。

詳細

プロペシアで治療できる

医者

薄毛の原因は1つだけではなく、男性ホルモンによるものや遺伝、生活習慣によるものなどがあります。男性ホルモンの影響を受けて薄毛が進行するものがAGAで、症状がAGAであるときには病院に通うことで治療薬のプロペシアの処方を受けることができます。

詳細

薄毛治療薬のプロペシア

笑っている男性

薄毛の代表例としてAGAがあり、病院に通うことで治療薬のプロペシアの処方を受けることができます。プロペシアの主成分のフィナステリドは、1日1mgが上限の摂取量となっていて、服用量に注意することが大切です。

詳細